FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ミニバン型プリウス、一部車種にリチウムイオン電池採用

トヨタ自動車は、4月下旬に発売するミニバンタイプの「プリウス」の最終試作車を、日本で初公開した。前面のデザインは現在のタイプを踏襲。燃費はガソリン1リットルあたり30キロ以上を確保した。3列シートの7人乗りには、トヨタの市販車で初めてリチウムイオン電池を採用。300万円程度の見込みだ。

 エンジン(排気量1.8リットル)やハイブリッドシステムは、現在のタイプと同じだ。

 リチウムイオン電池は、大きさが従来のニッケル水素電池の6割、重さは8キロ軽い34キロ。車内空間を確保するため、運転席と助手席の間の収納ボックス下に置いた。それでも3列目は天井までの高さが低く、窮屈な印象だ。

 2列シートの5人乗りもある。価格は250万円程度。蓄電池はニッケル水素電池で、荷室下に置いている。

 ミニバンタイプは、現在のタイプより130~140キロほど重い。このため燃費は2割ほど悪くなったが、開発責任者の粥川宏さんは「同じクラスの車の約2倍の燃費をめざした」と話している。(asahi.com)
2011年03月09日 | Comments(0) | 未分類

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。